笑顔の女性

最先端の歯科治療|インプラントを成功させる歯科医の見極め方

口腔外科での治療と費用

歯型

大阪に住んでいて歯や口に関するトラブルが起きた際には、口腔外科を受診するといいでしょう。口腔外科では様々な歯や口に関するトラブルの治療を行うことができます。口腔外科で治療してもらえる症状は埋伏歯や顎関節症、歯茎や顔、顎の炎症、口内裂傷、口唇裂や顎の変形、味覚障害、神経性障害、その他にも様々な治療を受けることが可能です。様々な治療を行ってくれる口腔外科ですが、受診される多くの方は親知らずの抜歯で受診されています。親知らずの伸び方によっては痛みを生じさせるため、そういった場合には抜く必要があるのです。大阪で親知らずの抜歯を行うにはどれほどの費用が必要なのでしょうか。
親知らずの抜歯はその伸びる方向によって治療費が変わってきます。大阪で親知らずの抜歯を行う際の治療費は、まっすぐ伸びている親知らずであれば抜歯に時間がかからず、簡単な治療のみで済むので2000円程度の治療費で済みます。治療の中に縫合もあるので3回程度の通院が必要になります。横向きに伸びている親知らずでは歯茎の切開が必要になるため3000円程度の治療費がかかり、治療後の腫れや出血の具合によって変わりますが3回から4回の通院が必要になります。次に親知らずが歯茎に埋まってしまっている埋伏歯という症状では、親知らずを覆っている歯茎や骨を取り除く必要があり、歯を何個か砕いて抜歯することになります。この治療は4000円程度の治療費がかかり、腫れや出血の具合によって3回から4回程度の通院が必要になります。親知らずの抜歯はこのようにその生え方や伸び方によって治療費が変わりますが、痛みがある場合は削るか抜くかしないことには痛みは治まりません。大阪で親知らずの痛みで困っているのであれば、口腔外科を受診して歯科医に相談してみましょう。